体験することが、なによりも大切。
サイエンスキャラバン号

リコー・サイエンスキャラバンでは、リコーの人材と技術をベースとして開発された科学の不思議、面白さを感じていただけるプログラムを運営しています。教科書や参考書は学校での授業に任せ、サイエンスキャラバンでは、自らの体験を通じて得た「へぇ!」を持ち帰っていただきたい。それが私たちの願いです。現在では以下の3つのプログラムをご用意し、出展するイベントの規模と内容に応じて実施しています。
コピー機になってみよう! 

360度カメラとあそぼう!

コピー機のひみつをさぐれ!
〜光と色の3原色〜
コピー機になってみよう!

 

静電気の力でコピーが行われる仕組みがわかる

タカハシ博士の解説
コピーの原理は、1938年にアメリカのチェスター・F・カールソン氏によって考案されました。「コピー機になってみよう!」は、このコピーの原理である「帯電」- 「露光」 - 「現像」 - 「転写」 - 「定着」 - 「クリーニング」の6つの工程を取り出し、自分の描いた絵が静電気の力で複写される仕組みを体験するリコー・サイエンスキャラバンの人気プログラムです。
 
子ども達と話すハタケヤマさん
1999年秋に開発された「コピー機になってみよう!」は、2008年までの10年間に全国で延べ2万人以上の子どもたちが体験していただきました。本来の対象は「中学生以上」を想定していましたが、会場はいつも小さな子どもたちでにぎわいます。コピーの原理、仕組みの理解はさておき、自分が描いた絵の複製ができる不思議、楽しさは、年齢とは関係がないのです。

 

※ クリックで拡大

 

原稿がコピーされるまでに行われる6つの工程

 
コピー機に原稿をセットしスイッチを押すと、あっと言う間に原稿のコピーが出てきます。この時、コピー機の中では帯電 - 露光 - 現像 - 転写 - 定着 - クリーニングという6つの作業が行われています。「コピー機になってみよう!」では、この6つの手順を一つひとつ実際にやってみることができます。

「コピー機になってみよう!」で行う6つの工程をご紹介

  • 皆さんが「コピー機になってみよう!」で行う実験には、静電気を始めとする科学原理がたくさん登場します。
  • 少しむずかしいですが、仕組みがわかると実験はさらにおもしろくなりますよ!

 
※ 画面中央の「
」ボタンをクリックすると再生が開始されます。また再生が始まってから「 チャンネルの品質
)」をクリックすると、より高画質な720p HD(ハイビジョン)での再生を選択することができます。

 
熱闘!紙バトラー
デジタルカメラの基本的な仕組みを学び、
不思議なレンズ体験や360度写真を撮り、動かして楽しみます

リコーグループではコピー機のほかにデジタルカメラも作っています。デジタルカメラとコピー機はまったく別の機械ですが、レンズを使って光を集めイメージセンサーで光を電気信号に変換して記録する仕組みは同じです。「360度カメラとあそぼう!」はデジタルカメラの仕組みを学び、リコーの360度カメラ“THETA”を使って全天球写真を撮り、動かして楽しむワークショップです。

ステップ1:デジタルカメラの仕組みを知る

ステップ3:不思議なレンズの体験

ステップ2:デジタルカメラの部品を観察する

ステップ4:360度カメラを使ってみる


 

コピー機のひみつをさぐれ!
原稿が読み込まれコピーが出てくるまでに、コピー機の中では何が起こっているのでしょう?

カラーコピー機は“光の3原色”を利用した目(センサー)で原稿を読み取り、それを“色の3原色”に変換して4色のトナー(インク)を使って印刷します。「コピー機のひみつをさぐれ!」は、それらの工程についてわかりやすい実験を通して、カラーコピーができるまでの工程を学ぶワークショップです。

ステップ1:光の3原色について学びます

ステップ3:色の3原色について学びます

ステップ2:光の3原色について実験します

ステップ4:色重ねの実験をします